関西外人風俗大冒険

2017年01月

相互リンク

・ALL風俗.com


こんばんは!

風俗王を目指している風ちゃんです。

堺筋どおり沿いかな??ずっと大阪にいますが、ナニワ筋からそっちの方はいまいちわかってないです。

37.5℃小悪魔って名前は面白いですね。

微熱か!

受付で若い子いますか?

って聞くといるよ~~って教えてくれます。

で、中に入ると、22歳くらいかな??

ええやん!

(ちょ お前何歳やねん 三十路やろ?)

ただ、どうしたその、分厚いタイツ

ぬぐんか?ぬがんのか?ん?

(お前変態か!)

マッサ開始

おいおいおいおい

片手でマッサしてくるやん

うつ伏せなんでなにしてんのか見えんかったが、 青白い光が壁に反射していましたので、おそらくスマホ

(なにしとんじゃいわれ!)

終始これ

オイルも片手

片手流行ってんの?

最後手で会ったけど、まじでやる気ないわ 

相互リンク

・ALL風俗.com


こんばんは!

風俗王を目指している風ちゃんです。

日本橋にあるめがみって外人風俗に行ってきました。

スギ薬局の裏側にあるビルに入っています。

何処のやねんってツッコミが飛んできそう(笑)

日本橋の駅を出て北側にあるので詳しくは自分で調べてみて!

受付でいい子はいますか? 

って聞くとオススメがいるって教えてくれます。
 
で、中に入ると、やたらとお兄さん!お兄さん連呼してくる変人登場!

しかもかなりのおばさん!

26歳って聞いたけど、お前三十路超えてるやろ? 

ケバイぞぉ!!!

マッサ開始

常にお兄さんカッコイイ!お兄さんカッコイイ!お兄さん優しい!お兄さん・・・

お兄さん!お兄さんって何回いうねん!

しかも話しをするたびに手が止まる!

なんやんね!

手も冷たいねん!

シコシコしてもらって発射!

下半身はスッキリしたけど、マジで変な子やった!

最近の外人エステどうしたぁ!?


 

相互リンク

・ALL風俗.com


こんばんは!

風俗王を目指している風ちゃんです。

最近は中国にばかり行ってましたので、今日は韓国エステに行ってきました。

西中島南方は調べると韓国の外人風俗系が多いみたいです。

タイも結構ありましたので、次回あたり攻めてみたいと思います。

南方駅に到着して南側かな?

すぐに、ピンク色のきれいな女性が移った看板が目に入ってきました。

同時に!

なんじゃこの行列!

恥ずかしいですよね。

今から風俗行くわけでして、結構な女性が椅子に座って待っています。

こんな場所でなんの行列かと思ったらラーメン屋でした。

満を持して!

縁屋に突撃です。

受付に入ると、おばちゃんが出てきて受付をしてくれます。

コースは90分13000円

まぁまぁ張ります。

なんでこのコースにしたかといいますと、あかすりとかマッサ、石をおくやつとかいろいろあるみたいで、気持がいいと案内されましたので、90分にしました。

できれば1万以内に抑えたかったですが、しょうがあるめぇ

で、引いたのはぽっちゃり40代のおばちゃん・・

この方ですが、顔と体さえ何とかしてくれれば、マッサージも上手ですし内容も良かったのでもったいないですね。

顔、体は両方 地雷レベルです。

最初に垢すりがあって、最初は真面目にあかすりをしてくれていましたが、特別ねって言われて、 すまた

第1射目はここで終了

で、戻って一緒に部屋に行きまして、マッサージをしてもらいます。

このマッサージは上手でかなり気持ちがよかった

で蒸しタオルと置き石があって、これも良かった

なんか芯からぽっかぽかって感じです。

そして、終わったらまたマッサージとオイルがあって、手で4545フィニッシュ

90分たっぷりと時間を使ってのサービスでした

顔悪くとも

体だるんだるんでも

サービスよければすべて良し?? 

相互リンク

・ALL風俗.com


こんばんは!

風俗王を目指している風ちゃんです。

梅田のクラブ中国エステという外人風俗に行ってきました。

店名の通り中国のデリヘル店です。

受付は、若い男の人が丁寧にしてくれます。

キャンペーンを見てなかったけど、割引してますので適応していいですか?とすこぶる丁寧

なんだか得した気分になります。

待ち合わせ場所といわれるパチンコ123の裏手で待っていると、女の子が一人で迎えにきます。

過去に数えるくらいですが、たまに男性と一緒に来る店がありますが、ああいうのよりいけないものを見られた気持ちになるので、幾分か精神的に楽です。

で、女の子と合流して、歩いて1分かかったかな?ってぐらいの近場のホテルに入りました。

受付はスムーズで無言

部屋に通してもらい、鍵をかちゃってかけます。

お店は初めて?とか、フロントトークをしながらシャワーの準備

こっちは、貴方の顔がタイプでたまりません!

会話なんて不要なのでさっさとシャワーにいきたいんや

で、シャワーできれいにしてもらって、ベッドに向かいます。

ただ羞恥心が邪魔をして、なかなか思っているようにできない

だけど負けてられないので、フェラをしだしてくれた時から、こうしてもらっていい?逆っていうと、女の子が寝だす。
違う違う、こうっていうと、あ~~69?

通じるやん

恥ずかしい

69で女の子のぱっくりあそこを見ます。

あぁこれが見たかった

綺麗だなぁってまじまじ見てると、女の子がお尻をふりふりしてくれる

めっちゃいいやん~~

いじいじしながら、顔をうずめていろいろしますが、だんだん苦しくなってくる

普通の体制に戻して、フェラしてもらって行きそうになったので、また交代

今度は四つん這いで後ろからお尻とかを愛撫します。

女の子もようやく濡れてきていて、とろっとおめ○

たくさんたくさん堪能しました。

次も中国のデリヘルを攻めようと思います 

相互リンク

・ALL風俗.com


こんばんは!

風俗王を目指している風ちゃんです。

まぁ、このブログを初めて、いろいろ調べるようになって、僕って風俗王になるって書いてるけど、ほかにもすでに風俗王になってる人がいた模様

しかもかなり大量にいました。

まだまだペーペーな僕ですがこれからもよろしくしたいです。

今回は、どこにものっていないマーメイドという十三の外人風俗に行ってきました。

場所は、なんか橋っぽい横にあって、あさりラーメン??しじみラーメン??どっちか忘れましたが、そんなラーメン屋の近くでした。

帰りに食べたこのラーメンはGOOOOOでした。

あっさりうま塩ラーメンです。

7階までエレベーターで上がると、女の人が出てきてくれます。

ん~~~年齢不詳!

30代と言われれば信じれるし、50代といえば少しびっくりしますがそれでも信じれる

魔女だ!

受付で40分のコースで入って、部屋はちょっぴり寒いかな

次から温めておいてね~~

来た女の子は30代ぐらいのすっぴんの子

ママ曰く、まだ時間早いからすっぴん

へいへい

わかってますがな

僕が悪いんでしょ?って自虐をいれつつ書いてみます。

チキンな僕は意見などすることもできず、いそいそと女の子の部屋に入ります。

シャワーはめっちゃ寒い

部屋に戻ったころは少しましになってるものの、まだ若干肌寒かったです。

ただ、電気毛布が敷いてあって、それはまさに天国の芝そのもの

唯一の熱源です。

ただ、すっぴんでもそこそこきれいな方で、なにより内容が濃すぎてびっくり

そこは大のほうですよ?

べろんちょが!!

年始しょっぱなから、大変珍しい経験をしてマーメイドを後にしました 

梅田の外人風俗のクラブダイヤモンドに行ってきました。

初の中国のデリヘルです。

受付に初めてという旨を伝えてデビュー戦ですので、良い子をお願いしました。

本当にいい子をつけてくれるかは運次第ですがね

待ち合わせ場所という地図を目的に場所まで行くと、もう一回電話して、僕の服の色とズボンの色とその他特徴を聞かれます。

そこで五分くらい待っててくださいね~~っていう案内を受けて、すぐに女の子がきました。

なんか、瞬間移動みたいな速さです。

で感想がまじでこんなおばはんが?

ちびデブ来てびっくらぽん。

さすがに厳しいので、受付に電話を入れると、女の子まだ向かってないですよってアナウンスを受けて、じゃあ横にいるのは??

とりあえず断ってくださいって言われたので素直に断ります。

あとでわかりましたが、立ちんぼの方でした。

しかも話を聞いていると、韓国語話していたので中国じゃなくて韓国人でした

あとで、プリンスというホテルに行ったのですが、その途中の電柱の陰で女の子3人ほどたってて、その中の一人が先ほど声をかけてきたおばさんだったので、立ちんぼと理解!

黒いロングコートに手を突っ込んでイヤホンで電話をしていました。

紛らわしいねん!

無事女の子とホテルに入って、 その話をすると女の子も迷惑しているみたいですね。

勝手にお客さん取るみたいだし、しかも、勝手に声をかけて、どぎついもんでお客さんが逃げて電話通じなくなるのもあるみたいです。

裏話を聞けて面白かったです。

え、シャワーに誘導してもらって、体を洗ってもらいます。

シャワーが終わったら、ベッドにいって周りに誰もいないのっていいですね。

よく考えたら何年ぶりにホテルに来たかわかりません。

で!

抱き抱きしてちゅっちゅしてちょめちょめしてこれは、いろんな風俗ブロガーさんが書いてある理由がわかりました。

いいもんやな

しかもエステ系と値段もほぼ変わらんしね 

このページのトップヘ